なりたい肌に仕上げてくれる化粧下地の使い方

メイクには様々な方法があるのですが、私の場合は季節によってかなり肌の状態が変わってしまうので、そのたびに化粧下地でメイクの仕上がりを調節しています。

まず夏の場合はオイリーに傾きがちなのですが、その時は少しマットな仕上がりにしたいので、不要な皮脂を吸着してくれるタイプを使用しています。

さらに秋から冬にかけての乾燥が気になる時期にはツヤ肌に仕上げているのですが、美容成分がたっぷり入った化粧下地を使っていることで夕方まで乾燥しらずのツヤ肌がキープ出来ています。

化粧下地は顔色の補正にもかなり良い役割を担ってくれているのですが、例えば今日は顔色が悪いなあと思った時はピンク系の下地を使ったり、くすみが気になる時はパープルや青みがかった色を使えば一気に透明感が満ちたお肌に仕上がるのです。

さらに内側から上品な輝きを出したい時に使っているのはパール入りの化粧下地なのですが、パールのパウダーを後から付けるよりも自然なのでこの使い方もお勧めです。